2017年04月18日

 五行の相生と相剋;木火土金水「四柱推命教室」

2-4
  相生と相剋

相生とは

陰陽(おんみょう)五行の木、火、土、金、水のうち
お互いに助け合う関係をいいます。

木→火 木は火を生じる
    木は火の燃料となります。
火→土 火は土を生じる
    物が燃えると灰汁が残り土に返ります。
土→金 土は金を生じる
    地下変動などで鉄や金銀などの鉱物が生じます。
金→水 金は水を生じる
    金は溶けると液体になります。また温度差で金属の表面に水滴が生じます。
水→木 水は木を生じる
    木は雨が降ると生長します。

この五行の木、火、土、金、水は以下の陰陽に分かれます。

2-1をもう一度見てみましょう。表にまとめてもう一度みると

木甲(きのえ)
乙(きのと)

火丙(ひのえ)
丁(ひのと)


土戊(つちのえ)
己(つちのと)

金庚(かのえ)
辛(かのと)

水壬(みずのえ)
癸(みずのと)


ここでコーヒータイム

 これは相性をみるとき相生だと通常は良い相性とみます。
 こんなときに役に立ちます。

相剋とは

木→土 木は土を剋します。
    木は土から栄養をとります。(土の養分が哭され減る)
火→金 火は金を剋します。
    金属は火で溶けます。
土→水 土は水を剋します。
    土は水を吸い取ります。
金→木 金は木を剋します。
     斧で木を切ります。
水→火 水は火を剋します。
    火を消す時は水をまきます。

有情の剋
     相剋する干支が陽と陰の関係で剋する場合
      なさけがあるので剋が弱いと覚えましょう。
    (例)
       丙(陽)と癸(陰)
無情の剋
     相剋する干支が陽と陽、もしくは陰と陰の関係で剋する場合
      なさけがない剋なので強い剋と覚えましょう。
(例)
       丙(陽)と壬(陽)

反剋

木→土 木は土を剋しますが土の方が多い
    木の鍬で土を掘ったが土が固く鍬が折れる。
火→金 火は金を剋しますが金の方が多い
    火が弱いため金を全て溶かしきれない。火が消えたあと金は冷めて元に戻る。
土→水 土は水を剋しますが水の方が多い
    泥流になり土は押し流される。
金→木 金は木を剋しますが木が多い、硬い
     斧で木を切りますが刃がボロボロになります。
水→火 水は火を剋しますが火の勢いがすごいと
    水は蒸発します。

以上のような例えに近い事象が運勢に出てきます。



2章5節 神殺について・・・続きにて
筆者近くの施設森林公園


2章5節 神殺について

羊刃、貴人、月徳・・・などについて

現在、日本に伝えられている神殺は誤って活用されているのが現状です。
ですから市販されている四柱推命の本にある神殺に関するもので数が多いのは全く無視すべきです。そもそも神殺は断易において京房という方が考え出したもの。断易でも数が多すぎ返って混乱を招きました。もともと断易にあったのを四柱推命にも活用したものです。
 まだ四柱推命が日本に紹介され間もないころ学習未熟な開業占い師により営業政策で
たくさん神殺をつけ有難みをつけアピールしたのでした。その結果、不要な神殺をつけくわえいらぬ恐怖を与えた悪しき歴史があります。

 本場、中国の有名な先生から聞いたところを解説します。

冲に準じるものとして刑があります。
刑のほか破と害があります。破と害は一切、無視してかまいません。

刑について

三刑 
寅 巳 申
   丑 戌 未

二刑
   子 卯

自刑 辰―辰、酉―酉、午―午、亥―亥

八字および大運、年運も併せ地支に含まれると作用があります。
隣接している場合は作用が目立ちます。
衝突や妨害などですが具体的には毎年、個別に判断しなければいけません。



覚え方

水の局と木の方(縦に見てください)

申 ― 寅(三刑、冲でもあります。)
子 ― 卯(二刑)
辰 ― 辰(自刑)

申子辰を水局といいます。・・・申は金でも水になります。辰は土でも水になります。
寅卯辰を東方合といいます。・・辰は土ですが、この場合は木です。
辰は土なのに水になったり木になったり曲者ですね。

火の局と火の方

寅 ― 巳 三刑
午 ― 午 自刑
戌 ― 未 三刑

寅午戌を火の局といいます。・・・寅は本来、木でも火に。戌は本来、土でも火になります。
巳午未を南方合といいます。・・未は本来、土ですが、この場合は火です。


金の局と金の方

巳 ― 申 三刑
酉 ― 酉 自刑
丑 ― 戌 三刑

巳酉丑を金局といいます。・・・巳は本来火でも金に。丑は本来、土でも金になります。
申酉戌を西方合といいます。・・戌は本来、土ですが、この場合は金です。


木の局と木の方

亥 ― 亥 自刑
卯 ― 子 二刑
未 ― 丑 三刑(三刑、冲でもあり同じ土どうしなので朋冲ともいいます。)

亥卯未を木の局といいます。・・・亥は本来、水でも木に。未は本来、土でも木になります。
亥子丑を北方合といいます。・・丑は本来、土ですが、この場合は土です。


桃花(とうか)
ロマンスと社交生活を示す。

左)年干または日支  → 右)桃花にあたる支
※長生の沐浴にあたる支が桃花

申、子、辰 → 酉
亥、卯、未 → 子
寅、午、戌 → 卯
巳、酉、丑 → 午

風水の恋愛運アップに使われています。桃花にあたる方位に花瓶を置きます。
恋愛に関するビジネスの建物は、この方位に玄関があるといいでしょう。
個人宅では八宅風水でなおかつ吉方位(生気、延年など)であれば恋愛運がアップします。)

判断例)
上記のうち合にあたる支間では
月柱 戌、日柱 卯 ⇒ 母と配偶者が仲が良い(月柱は母、日柱は配偶者)
日柱 戌 時柱 卯 ⇒配偶者と子供が仲が良い(日柱は配偶者、時柱は子供)

駅馬(えきば)

旅行と移動を示す。

左)年干または日支  → 右)駅馬にあたる支

申、子、辰 → 寅
亥、卯、未 → 巳
寅、午、戌 → 申
巳、酉、丑 → 亥


貴 人(きじん)
助けになる人々を示します。

左)年干または日支  → 右)貴人にあたる支

甲、戊、庚 → 丑、未
乙、己   → 子、申
丙、丁   → 亥、酉
壬、癸   → 卯、巳
辛     → 午、寅

辰と戌はありません。
そのため辰と戌が年と日にある人は不幸な事件が多い。

たとえば八字に貴人がついていると災害時は救助員が、たまたま偶然にみえるが貴人がある人のところに先に行って救出します。

華蓋(かがい)
芸術への興味と孤独を示します。

左)年干または日支  → 右)華蓋にあたる支

申、子、辰 → 辰
亥、卯、未 → 未
寅、午、戌 → 戌
巳、酉、丑 → 丑

八字の各柱のどこについているかで孤独な年代がわかります。
また
日支は配偶者の位置ですから結婚しても孤独感を感じます。
時干は、子供に対して孤独な感情を持ちます。
文昌(ぶんしょう)

学問と教育の卓越性があるが学校以外での分野なので成績は優秀というわけではない。
アインシュタインは学校の成績はあまりよくなかったとのこと。配偶者の位置である日支に文昌がある。これは奥さんの内助の功があって理論が書けていることをあらわしている。

年柱に文昌・・・ご先祖に学者がいる。
月柱に〃 ・・・親か叔父などに目上に学者
時柱 〃 ・・・子供がということのほか女性の場合は子供の本を書くというかたちで現れた事例がある。
八字全体もみわたして総合的に判断します。

地支

五行局  長生(馬) 帝旺(桃花)   墓/庫
水     申      子      辰
火     寅      午      戌
金     巳      酉      丑
木     亥      卯      未

申寅巳亥の長生は駅馬にあたろ
子午酉卯の四正は桃花にあたり
辰戌丑未は四墓庫と言われます。

特に辰戌丑未は財運に関り日干が甲か乙の人にはお金持ちが多い。
マイクロソフトのビルゲーツの八字
乙未
丙戌
壬戌
庚戌
地支すべて土の一二支である。
2006年丙辰のとき年柱と天戦地冲となり金庫が開けられて出費があった。でも、チャリティという善行であるので財運を保つことができた。自己の栄華が長い人は生き様が優れているので長く幸せが続く。もし彼が贅沢のため出費したら財は崩れ始めたことでしょう。

天戦地冲
天干と地支が剋になること
ビルゲーツの場合

2006年  丙戌
八字年  壬辰

丙と壬は陽同士の火と水の剋
戌と辰は陽土同士の剋


羊刃(ようじん)

日干の帝旺の位置、怪我や金銭の損失
特に冲のときに起きる。

日干    羊刃   応日(冲)

甲      卯    酉
丙      午    子
戊      午    子
庚      酉    卯
壬      子    午

覚え方

子と卯と午と酉の4つを四正といいます。
十二支を時計のように円に描くとちょうど十字の位置にあるのが分かると思います。
書店から買ってきた本には必ず書いてありますので参考に開いて確認してください。

ところで、午と子が目立ちます。
2008年は子年です。国家主席首相とも午年生まれ
チベット問題、地震、オリンピック開催前からの諸問題などなど多難です。

八字で午と子が多い人ほど該当年は注意しましょう。
事前に風水対策をしておくと怪我やトラブルが小さくなります。

三殺(さんさつ)

3つの方位に対して三合が冲となる
このとき衝突と妨害を示す。

出生年(三合)  三殺(方)

水の三合に対して火の方
申子辰      巳午未

火の三合に対して水の方
寅午戌      亥子丑

木の三合に対して金の方
亥卯未      申酉戌

金の三合に対して木の方
巳酉丑      寅卯辰

判断の仕方(事例)

風水でも三殺の方位に「座」があると衝突と妨害がある。
(「座」の方位は、出張鑑定しないと判断できません。)

世相にも三殺は繁栄します。
2004年 甲申は地球の巳午未の範囲(東南アジア)に地震津波があった。
2008年 東京都江東区の殺人ばらばら事件はマンション南部分(背後の線路、埋立地、
陰の気を放つ建物が近くにあるなど・・・諸条件がいくつも重なって発生)
    岩手県南部で岩手宮城内陸地震、中国南部の四川省で地震それぞれ被害甚大
    (中国国家主席、首相は二人とも午年で子年に三殺、チベット問題など・・)
(注)長生の4つは劫殺と重複するので劫殺の神殺は不要です。

亡 神(ぼうしん)

三合の1番目の支と冲になる。
交通事故など法律的な問題が生じる

出生年   亡神
申子辰    亥
寅午戌    申
亥卯未    寅
巳酉丑    申

神殺は、吉日選びに役に立ちますが風水鑑定してから世帯主の生まれ年を考慮した
玄空大卦択日法にはかないません。
八字と冲になる日、三殺になる日、亡神になる日等は避けます。また当日の八字そのものも良いことが条件になります。したがって四柱推命をマスターしないと日選びはできません。

孤臣寡宿

出生年        孤臣寡宿
(方)       (方の前後)

寅卯辰         丑 巳
巳午未         辰 申
申酉戌         未 亥
亥子丑         戌 寅

日支は配偶者の位置につくと顕著である。




天徳

親切,危険から逃れる幸運に出会う。

出生月     天徳が付く干支

寅        丁

卯        申

辰        壬

巳        辛

午        亥

未        甲

申        癸

酉        寅

戌        丙

亥        乙

子        巳

丑        庚

八字中の地支にある方がよい。日干には付かない。
魅力・カリスマ性がある人とみることができ有名人には天徳が付いていることが多い。




月徳

出生年  月徳に当たる干
(三合    五行の陽干)
寅午戌     丙

申子辰     壬

巳酉丑     庚

亥卯未     甲


天羅・地網
スピリチュアルな傾向があり第六感があることが多い
八字の地支に下記がある。2つともあると顕著である。

辰 ・・・ 天羅(てんら)
戌 ・・・ 地網(ちもう)

魁罡(かいこう)

頑強で力強い性格、霊障に強い

日干支が
庚辰、庚戌、戊戌、戊辰
書店で見かける本で壬辰と書いてある本がありますがミスピリントです。

以上の神殺だけが有用です。他は本に書いてようが日本国内における四柱推命の暗黒時代のなごりですから一切採用してはいけません。

タグ :有情無情

同じカテゴリー(四柱推命教室)の記事画像
四柱推命横浜教室 6章5-6節
四柱推命横浜教室4章大運
命式(八字)の求め方第3章
用語解説2-6四柱推命
四柱推命の十二運とは
四柱推命の通変星 第2章1節
同じカテゴリー(四柱推命教室)の記事
 四柱推命横浜教室 6章5-6節 (2017-04-27 04:47)
 孔丘の人生論を四柱推命で解説 (2017-04-26 16:43)
 10干:四柱推命横浜教室:6-4まで (2017-04-26 05:43)
 年運の出し方;5章 四柱推命横浜教室出張所 (2017-04-25 19:35)
 四柱推命横浜教室4章大運 (2017-04-24 12:26)
 命式(八字)の求め方第3章 (2017-04-19 11:08)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。